vega のすべての投稿

ゴルフ練習場のアルバイト

秋から冬にかけてのほんの短い間だが、ゴルフ練習場でアルバイトをしたことがある。

ゴルフ練習場でのアルバイトの仕事内容は、主に客が使用した席の掃除と、自動的に戻ってくるゴルフボールの管理だ。

ゴルフ練習場によって違うだろうが、私が勤めたゴルフ練習場では、客が打ったボールはあらゆる傾斜を伝い、脇のレーンへと移動し、それが集中管理室に戻ってくるようになっている。

その戻ってきたボールが再度客がボールの補充ボタンを押した際に足元に30球ほど出てくる仕組みなのだ。

その集中管理室に集まったボールが何かしらの原因で詰まって仕舞うとボールの販売が止まってしまうので、注意深く機械のチェックをする必要があった。

冒頭でもお話したように、冬の寒い時期であったから、暖房などの空調がない集中管理室での機械チェックはとても寒いものだった。店から支給されている厚手のジャンバーを着たところで寒いものは寒いのである。

もう一つ大事な仕事があった。

店の営業が終わると、傾斜まで行かなかった、簡単にいえば真ん中あたりで止まってしまったボールを手動で拾いにいくのである。

数百個は残っているので、転がすだけでボールを回収できる掃除機のような道具が便利であった。あれでボールを集めるのは仕事を忘れて楽しんだ記憶がある。そんな冬のアルバイトのお話でした。愛知 東京 引越し

カラオケボックスの全盛期にアルバイトをしていた

バブルが終わったぐらいに私は19歳であった。

まだ当時は少しバブルの余韻のようなものが大人の感覚にあったようで、お金の使い方はきっぷが良い人が多かったように思う。

当時僕はカラオケボックスでアルバイトをしていた。来客があると名前と歌いたいカラオケ機種の選択、当時はセガカラ、孫悟空、GIGA、X2000などがあったと思う。

そして歌う時間、当時は1時間半から2時間という客が多かったなぁ。

客を室内に案内し、ドリンクやフードを作って運ぶ。退室後は部屋の清掃から食器の後片付けだ。

あの頃よく覚えているのは、未成年もお金を持っていたように思う。

毎日のようにやってくる7人ぐらいの定時制高校の子たちがいたり、女子高生2人組もいた。

その彼らは一人あたり3千円ほど使って帰っていたのだから、月に数万円をカラオケボックスに払っていたのだ。

今の若者には使えない額の交遊費だと思うが、当時はどこからか収入源があったのだろう。

あの頃がカラオケボックスの全盛期だったね。今では一時間100円でドリンクやフード代で利益を出そうとしている。信じられないと思うが当時は一室1時間2000円から3500円とかが当たり前だった。

ちょっと田舎の方にいけば、それプラス1曲200円をコインボックスに入れて歌っていたのだ。バブルだったんだよね。jメール 評判 2016

コンビニエンスストアのアルバイト経験

高校生の頃にコンビニのバイトをしたことがある。そこにはオーナーである老婆がいたのだが、あまりにも口がうるさかった。もちろん何もわかっていないバカな若造には正すことが沢山あったのだろうが、わざわざレジで会計する客を待たせてまで叱責することはなく、オーナー室なり保管庫なりで十分ことは済んだと思っている。

例えば女性の生理用品をレジのかごに入れて会計を待つ若い女性の前で、生理用品はこの紙袋に即座に入れなさいなど指導することは、そのように行ってから、のちに私に言えばいい。老婆からすれば、女性にとって生理用品を買うのはどことなく恥ずかしいところがあるからこうするべきだと言っているのだが、その女性からすれば却って恥ずかしくなる行為をされているのである。本末転倒なのだ。

また、こんなこともあった。アダルト雑誌をかごに入れてレジに持ってくれば、こういう雑誌はビニール袋では透けてしまうから、即座にこの紙袋に入れなさい。その客の後ろには数人の客がいる状況での指導だ。たまったものではない。周囲の客にもアダルト雑誌をこのお客さんは購入されたと知らせるのである。

私にとってこの経験は今もどこかで役にたっている。生理的な欲求は包み隠し、本末転倒なことはするなと。横浜市 大田区 引越し

片側交互通行について

片側交互通行について書いてみたい。私は学生時代に交通誘導のガードマンをアルバイトとして数ヶ月ほど行ったことがある。そこで習った片側交互通行の方法だが、車を止める際は車と整体して右手を誘導灯を持ちながら高く上げ、右に左に約15度振りながら、ドライバーに制止を求める。

止まってくれたら、右手を道路と平行に上げ、反対側の車の列が通り過ぎるまで留めておく。そしてこちらの車の通行の番になったら、体を90度横にし、右手の肘を曲げ伸ばししながら自分が止めている車の列を通行させるのだ。この時に大事なのは右手で振り上げている誘導灯が車にぶつからないように最小限の幅を持ってくることである。

しかし私が一般ドライバーとして片側交互通行中のガードマンを見ると車の前に誘導灯を流しながら指示をしているものをたくさん見かける。彼は本人が危険に遭う可能性がある方法であると同時に、警備外車がどのような教育をしているのか不思議に思うほど危険な行為である。

誘導灯が走行している車にぶつかった場合は、どうなるかガードマンは考えているのであろうかと不思議に思うほど、何も考えていない顔つきで誘導しているのを見ると、がっかりするのである。

少なくとも私がいたKSSという警備会社はそういった練習はうるさいほどにやっていた。事故が起こらないと良いのだが。そう心配することが多いのである。医療脱毛 安い 東京