vega のすべての投稿

片側交互通行について

片側交互通行について書いてみたい。私は学生時代に交通誘導のガードマンをアルバイトとして数ヶ月ほど行ったことがある。そこで習った片側交互通行の方法だが、車を止める際は車と整体して右手を誘導灯を持ちながら高く上げ、右に左に約15度振りながら、ドライバーに制止を求める。

止まってくれたら、右手を道路と平行に上げ、反対側の車の列が通り過ぎるまで留めておく。そしてこちらの車の通行の番になったら、体を90度横にし、右手の肘を曲げ伸ばししながら自分が止めている車の列を通行させるのだ。この時に大事なのは右手で振り上げている誘導灯が車にぶつからないように最小限の幅を持ってくることである。

しかし私が一般ドライバーとして片側交互通行中のガードマンを見ると車の前に誘導灯を流しながら指示をしているものをたくさん見かける。彼は本人が危険に遭う可能性がある方法であると同時に、警備外車がどのような教育をしているのか不思議に思うほど危険な行為である。

誘導灯が走行している車にぶつかった場合は、どうなるかガードマンは考えているのであろうかと不思議に思うほど、何も考えていない顔つきで誘導しているのを見ると、がっかりするのである。

少なくとも私がいたKSSという警備会社はそういった練習はうるさいほどにやっていた。事故が起こらないと良いのだが。そう心配することが多いのである。医療脱毛 安い 東京