ゴルフ練習場のアルバイト

秋から冬にかけてのほんの短い間だが、ゴルフ練習場でアルバイトをしたことがある。

ゴルフ練習場でのアルバイトの仕事内容は、主に客が使用した席の掃除と、自動的に戻ってくるゴルフボールの管理だ。

ゴルフ練習場によって違うだろうが、私が勤めたゴルフ練習場では、客が打ったボールはあらゆる傾斜を伝い、脇のレーンへと移動し、それが集中管理室に戻ってくるようになっている。

その戻ってきたボールが再度客がボールの補充ボタンを押した際に足元に30球ほど出てくる仕組みなのだ。

その集中管理室に集まったボールが何かしらの原因で詰まって仕舞うとボールの販売が止まってしまうので、注意深く機械のチェックをする必要があった。

冒頭でもお話したように、冬の寒い時期であったから、暖房などの空調がない集中管理室での機械チェックはとても寒いものだった。店から支給されている厚手のジャンバーを着たところで寒いものは寒いのである。

もう一つ大事な仕事があった。

店の営業が終わると、傾斜まで行かなかった、簡単にいえば真ん中あたりで止まってしまったボールを手動で拾いにいくのである。

数百個は残っているので、転がすだけでボールを回収できる掃除機のような道具が便利であった。あれでボールを集めるのは仕事を忘れて楽しんだ記憶がある。そんな冬のアルバイトのお話でした。愛知 東京 引越し