はう建にはコンセましまし納とクレ

家は3回立てて初めて自分の気に入った家になると言われています。この言葉を学生時代に初めて聞いたときは、まぁそんなもんなんだろうと位にしか思いませんでしたが、実際に家を建ててみると確かにその言葉の意味がわかりました。
これから家を建てようとしている方にお役に立てればと私が家を建てたときに気づいたことをいくつか書いてみたいと思います。
まず初めに建築士さんが描いてくれた図面は素人では100%理解することはできません。私は自分の家の外観をパソコン上で立体的に見せてもらう事はできましたが、家の中の間取りは図面上でしか説明を受けませんでした。それでも問題ないと思えたのは、その図面を見てある程度の想像ができたからです。
しかし実際は、引き戸の受入側が表なのか裏なのか、コンセントの位置が生活の動線に合っているのかなど、細かい点に気づく事は出来ませんでした。
これから家を建てる方に特に注目して欲しいのは、コンセントの位置です。コンセントは多すぎても変ですが、シンプルな部屋作りを目指すあまり最小限に済まそうとすると実際に住んでみたときに不便になります。
例えばこたつや、電気鍋、ホットプレートなどを使った料理をリビングダイニングで食べようとするときにコンセントはなるべく近くにあった方が便利です。
金額的にも住宅ローンを考えたときに、月に20円位しかアップしないようなオプションですので、そこはお金をかけるべきだと思います。
間取りに関しては模型を作ってもらうなど、想像するだけではなく実際に住んでみた視点で理解できるように業者さんに依頼しましょう。
一生をかけて支払うような住宅ローンですから遠慮せずに自分の希望を伝えることが理想の家を建てる方法です。出会い系 佐世保

Just another WordPress site